阪神施設工業株式会社は、阪神高速道路の電気通信設備を守り続けて35年。

保守・点検業務、設備が長持ちする秘訣

受変電設備、通信交通管制設備、光通信システムの保守点検業務。
保守点検を予防保全と位置づけ、点検作業の均質化を図るための作業標準所を定め、品質向上に努めています。

監視業務、24時間365日、休むことなく実施

受変電設備、通信交通管制設備、光通信システムの監視業務。
24時間365日、各設備を集中監視・制御して機器の故障を早期に発見し、早期復旧を図ります。

工事、より便利により快適に

受変電設備、電気通信設備、光通信設備の工事施工。
メンテナンス業務における知識、経験を生かし、メンテナンス性を考慮した施工を行います。

設計、経験・知識を生かし設計

受変電設備、電気通信設備、光通信設備の設計及び資料作成。
豊富な経験・知識を生かしETCをはじめ道路交通の最新設備を設計しています。

更新情報・お知らせ

ホームページをリニューアル・オープンしました。UP

祝! 35周年

阪神施設工業株式会社は、2015年4月14日で、設立35周年を迎えました。
当社は、これからも培った技術力で社会に貢献していきます!
阪神施設工業は35周年