本文へスキップ

極性反転型避雷針とは? 落雷の発生を抑制する本当の避雷針

TEL. 06-6574-2205

〒552-0004 大阪府大阪市港区夕凪2丁目18番4号 西森ビル501号

極性反転型避雷針SERVICE&PRODUCTS

極性反転型避雷針ってなに?

避雷針イメージ

今までの避雷針は「誘雷針」です。

実は、今までの避雷針は雷が勝手な場所に落ちないように、避雷針の先端から、「お迎え放電」(地表から雷雲に向けて起こる放電)が出やすいように先端を尖らせ、自ら雷を誘導して雷を落とさせることにより放電エネルギーを地面に流すことで安全な場所を確保するというものです。

しかし、従来の避雷針の落雷捕捉率は100%ではなく、避雷針の直近周囲であっても落雷しますので、必ずしも守れるというものではありません。


極性反転型避雷針

極性反転型避雷針は落雷の発生を抑制します。

極性反転型避雷針は、従来の避雷針の先端に絶縁層を設け上部電極と下部電極に分けています。
これにより避雷針の先端で極性の反転が起こり「お迎え放電」を発生させないようにしています。

雷雲が近づいても「お迎え放電」が発生しなければ、雷は落ちません。
     
詳細はこちらから (プレゼンテーション資料 PCでの閲覧推奨)



よくあるご質問はこちらから


国内導入事例(2020年10月末 日本 2688箇所)

極性反転型避雷針は多方面にわたり豊富な設置事例がありますが、現在まで直撃雷による被害の報告はありません!

〇官公庁

独立行政法人水資源機構:奈良県 布目ダム管理所 (当社施工)
国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC):地球深部探査船「ちきゅう」号
国交省関東地方整備局:利根川ダム統合管理事務所
第8管区海上保安部:立石岬灯台(福井県)
第9管区海上保安本部管内:新潟県某所に2箇所
防衛省:富士総合火力演習場での軍事演習、イージス艦 他

〇教育機関

創価大学新総合教育棟、甲南大学六甲アイランド学舎、京都大学宇治防災研究所、
沖縄伊江島小学校、横浜市小学校、川崎市小学校、神戸市中学校、京都府京丹後市立保育園7箇所 他

〇交通・通信

航空局:航空管制塔、レーダー(全天候型・ドップラー型)、VOR/DME
西日本高速道路:阪和道有田インターチェンジ、福島県小野浜マリンブリッジ
鉄道:京王帝都、小田急、東急、相鉄、京急、東武、西武、泉北高速鉄道、阪急、京阪、南海
携帯電話基地局:ソフトバンク、KDDI
エネルギー:北海道電力、東北電力、風力発電施設、東京電力、火力発電用煙突、太陽光発電、大阪ガス8箇所 他

〇ゴルフ場・競技場

横浜市三ツ沢公園陸上競技場、新潟県刈羽郡「刈羽ぴあパーク場」、東大阪花園野球場、
戸塚カントリー倶楽部、マスターズゴルフ倶楽部、ネスタリゾート神戸 他

〇放送設備

徳島県ひのきCATV3箇所、石見銀山TVサテライト中継局、朝日放送サテライト、広島Kテレビジョン 他

〇宗教法人

茨城県浄土真宗:東本願寺派本山東本願寺牛久大仏
四国霊場21番札所:太龍寺
日蓮宗宝塔山遠光寺他

〇その他

宮崎県延岡市個人住宅、名古屋市某マンション屋上、芦屋市マンション、箱根石油販売某所、ごみ焼却炉用煙突、リゾート施設、船舶等多数



設置のご提案

【設置場所の例】

設置場所の例

落雷被害は増加しています

近年では、地球温暖化によって平均気温が上昇しており、それに伴って「ゲリラ雷雨」と呼ばれる非常に激しい雷雨が多発し、年々落雷被害が増加しております。

企業・病院においては、システム化された生産設備や大型サーバー、診察や手術に使用する設備や機器、一般家庭においては、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・パソコン等、たくさんの家電製品が使用されており、オール電化にしている家やマンションも急増しております。


雷の直撃を受けると

従来の避雷針に落雷を受けると、建物の鉄骨を雷電流が流れるため、その誘導電流により、これら電気を使用している設備は、すべて影響を受けることになり、SPDが取り付けられていない設備は、機器やデータに異常をきたします。

また、屋外において行われるイベントやスポーツ等、不特定多数の人が集まる場所においては、突然襲ってくる落雷から人命を守る必要がありますが、残念ながら従来の避雷針では落雷の捕捉率が100%ではなく、避雷針周囲にも落雷することが多々あり、現実的に人が亡くなるという事故も発生しています。


生命・財産を守るために真の対策を

人命や建物・設備を守るため、まずは保護すべき範囲にカミナリが落ちないような対策を取ることが重要であると考えるべきではないでしょうか?

従来の避雷針が設置されており、今まで直撃雷による事故も発生していないから、わざわざ高いお金を払って避雷針を取り換えなくても大丈夫!

本当にそうでしょうか?


火災保険からの支払額も高騰

落雷事故が発生し、火災保険から支払われる保険金は、年間1000億~2000億円と言われており、人命が犠牲になった場合、社会的責任や損害賠償額は計り知れないものと考えられます。

落として逃がす避雷針より、落とさない避雷針でより良い落雷対策を!


極性反転型避雷針でみなさまの生命財産をお守りします。

バナースペース

阪神施設工業株式会社
神戸作業所

〒652-0842
兵庫県神戸市兵庫区
磯之町1番5号

TEL 078-671-2500
FAX 078-671-2502